塩事業法の区分に於ける特殊製法塩および塩特定販売業各社では、予てより業界団体の必要性が言われておりました。又、塩業関係各位からも早期の新団体設立のご要望にも接しておりました。

発起人である5社(株式会社青い海・株式会社天塩・伯方塩業株式会社・日本精塩株式会社・マルニ株式会社)が平成26年3月より会合を重ね、平成27年6月18日に特殊製法塩団体設立準備会を立ち上げました。

消費環境の変化により、消費量は年々減少しており、また市場には多種多様な塩が販売され消費者の選択肢が増えると同時に戸惑う事例も多く見受けられます。我々は、特殊製法塩および塩特定販売業の価値を更に確たるものにするため関係各社一丸となって、取り組む必要があると考えます。

現在塩業界には塩製造業、卸売販売、輸入塩、輸送等の団体が存在しますが特殊製法塩および塩特定販売業を取りまとめる団体は存在しておりません。特殊製法塩および塩特定販売業の価値向上や消費者への啓発活動等を目的として団体設立する運びとなりました。

塩の自由化に伴い、塩事業法が施行されて、十八年が経過し、その間に消費環境の変化や食品の流通形態が様変わりいたしました。食用塩の需給動向も変化し、少子高齢化や減塩志向の影響を受け、消費量も年々減少の途を辿っております。

一方、自由化以降、輸入塩を含め多種多様な商品が誕生し、消費者にとって商品の選択肢が広がると同時に戸惑う事例も多く見受けられます。多様化する食文化と消費者のニーズに対応すべく、特殊製法塩ならではの価値を更に確たるものとするため関係各社一丸となって取り組む必要があると考えます。

現在、塩業界は塩事業法のもと、一般社団法人日本塩工業会並びに塩元売協同組合、全国輸入塩協会、全日本塩販売協会、塩輸送協会に加え食用塩公正取引協議会が存在しますが、特殊製法塩においてはこれを業とする者が最も多いにも拘らず団体が存在しておりません。自由競争の原則に立ち、公正な食用塩製造販売環境の構築に向け、特殊製法塩団体の設立が急務だと考えます。

特殊製法塩の品質向上を図るとともに、調査研究及び普及啓発を行い、関連団体との協調と関係諸官庁への要請などを推進することにより、業界の健全な発展とともに消費者食生活の向上に寄与することを目的とするものです。

2015年9月30日

発起人(五十音順)

株式会社青い海

株式会社天塩

日本精塩株式会社

伯方塩業株式会社

マルニ株式会社

 2014年(H26)03月  発起人による会合開始 
 2015年(H27)06月  日本特殊製法塩協会設立準備会 発足 
 2015年(H27)09月  日本特殊製法塩協会設立説明会 開催 
 2015年(H27)12月  日本特殊製法塩協会設立総会 開催