当協会は2015年(H27)に特殊製法塩の品質向上・消費者への普及啓発活動、関係団体との協調と関係諸官庁への要請等を目的として設立いたしました。

塩業界は長らく少子高齢化に伴う「減塩志向」による消費減少に直面しておりますが、当協会は過度の「減塩」は健康を損なうと考えており、年齢・性別や季節、ライフスタイルに合った適切な塩分摂取こそが健康につながると言う「適塩」運動に取り組んでいます。

また、HACCPによる衛生管理の義務化、原材料価格の高騰など業界を取り巻く環境は益々厳しいものとなっており、正しい情報の共有や会員企業が抱える問題解決に取り組んで参ります。

会員各社、業界団体等のご支援を頂きながら塩業界の発展の為に取り組むことが当協会に与えられた使命であると考えております。
 

                                                                                                                                                      日本特殊製法塩協会

                                                                                                                                                         会長 脇田 慎一