当協会は2015年に塩の適正な価値向上・消費拡大・市場の健全化を行うことを目的に、

日本全国に数多く存在する特殊製法塩メーカー等が所属できる業界団体として設立いたしました。

近年、塩業界は減塩傾向や食環境の変化で消費量は年々減少しています。特に「減塩」というキーワードが先行し、減塩=健康というイメージが定着しており「塩」は悪者扱いにされています。

かつては「塩」をめぐって戦いが行われ、また「敵に塩を送る」の故事にもあるように「塩」は

人間が生きていく上で必要不可欠なものです。

 当協会では、季節や個人のライフスタイル、年齢、性別などに合った「適切な品質の塩」

「適切な塩分摂取量」が健康につながるのではないかという「適塩」運動を薦めています。

 今後も塩業界・当協会員が抱える問題解決に向け活動してまいります。「塩」の重要性や正しい知識を訴求していくことが当協会の使命であると考えています。

                        ​日本特殊製法塩協会

                               会長   石 丸 一 三